ふわふわコゲ茶トラ&ラグドール王子と暮らす、フリー暦29年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
マズいラーメンでは眠れない
2018年04月27日 (金) | 編集 |
仕事からヘトヘトになって最寄駅まで帰ってきたら、
駅ビルに新しい餃子屋さんが開店していた。

最近、あちこちでチョイチョイ看板を見かける、変わり餃子なんかも売りにしているチェーン店だ(あとあと面倒になると困るので、名前は伏せる)。

帰宅してから夕飯の支度をするの「どーしようかなぁ」と思っていたところだったので、興味もあり、店に入って、台湾ラーメンと餃子のセット、というのを頼んでみる。

餃子は、パリパリの羽根付きで、本体に弾力もあるし、悪くなさそう。ラーメンも、挽き肉とニラが、まぁまぁたっぷり乗っていて、美味しそう。で、実食、、、

・・・風味が無いっ!

餃子には塩味が、ラーメンには醤油味が付いているが、まー、味も素っ気も無いとはこのことじゃね?っていうくらい、コクとか味わいとかが、全く感じられない。ラーメンなんて、醤油をお湯で割っただけ?そこに茹でた挽き肉とニラを浮かせただけ?と思うくらいだった。

あ”ーーーーー、残念っっっ。

ただ、ちょっと心配になったのが、もしかして自分の味覚が、疲労とストレスのせいか何かでおかしくなってんじゃなかろうか、と、、、だって、他の周りのお客さんたちは、結構美味しそうに食べてるし、、、

で、お勘定をしたその足で、一番近くのスーパーに飛び込み、豚肉の切り落とし(本当は挽き肉が欲しかったが売り切れてて~)と長ネギを買い込み、速攻で自宅へ戻る。

鍋に湯を沸かし、豚肉を叩いて細切れにしたのと長ネギの青いところを煮出しアクを取って、鶏ガラスープの素をちょっとだけ足して醤油で味付けし、健康上のことを考え中華麺ではなく春雨を投入し、ネギの白いところを斜め切りして添えて、、、

ハイ!半ラーメン、春雨バージョン♪



だいじょうぶ!美味しい!! ちゃんと、コクも風味も、豚脂とネギの香りも、舌と鼻でキャッチできた、あ~、良かった。

ってコトは、あのチェーン店の料理って、、、(爆)とりあえず、私はもう、一生、行きません!ゴメンなさい。

と、深夜のラーメンスープをすすっていると、膝の上に上がってくるフワフワ猫、一匹・・・

 おいしかったの?

お騒がせしました〜。あ、茹でたお肉を食べたかったのか? ごめん、明日ね〜〜♪

仙台の妹より
2018年04月22日 (日) | 編集 |
「生ゆずる」くんを拝めたそうだー (^○^)





しかし、、、暑かったろうなぁ~;


※ 現在、ブラウザでプラグインを使用しているとブログの管理画面が正常に動作しない、という不具合が起こっているらしく、、、「原因については調査中」とのこと。しばらく、お見苦しい状況が続くかもしれませんが、悪しからず、ご了承ください。

こんなの見つけたら~
2018年04月22日 (日) | 編集 |
買っちゃうよねー♪
((o(^∇^)o))


さー、仕事だっ! 
午後まで、水分補給に気を付けて(コドモ達にも気を付けさせて)、がんばりましょう!!

image1.jpeg


口福三景
2018年04月18日 (水) | 編集 |
年度の変わり目には、何かと頂き物があったりする。

私の好きなものをご存知の方々からは、恐縮してしまうくらい「どストライク」なモノを頂いてしまったりするが、とはいえ、逐一それらをご紹介するのは、それはそれで、、、と思い、あんまりおおっぴらに公にしないことにしている。

が、コレらはちょーっと嬉しかったので、お見せしちゃいます!

まず、肉球をかたどったクッキー☆





こちら↓の限定品のようです♪
調布を耕す会

そして、ココロをぐっと掴まれた、素晴らしいアイデアのちぎり絵ハガキ☆





こちら↓で入手できるようです♪
大泉旭出学園/製品紹介(ぐーっと下の方へスクロールしてください♪)

そして、このメッセージカード付きで頂戴した、朝掘り/アク抜きのタケノコで(嬉しくて写真撮り忘れた!)、そりゃもう、タケノコご飯、炊くでしょー!



若竹煮風のすまし汁も作って、昆布の佃煮鰹節まぶしを添えて、もう、コレだけで大満足!!



店先に並ぶ筍を見て、食べたくてウズウズしていた矢先の、嬉しい美味しいプレゼントでした。ごちそうさまでした!!

と、ここまでで二景、、、もう一つは、こちら↓



にゃんち は、フウガ が顔を突っ込んでくると、ウザいのか落ち着かないのか、「ボクもういらないっ」とばかりにプイッと食べやめて出て行ってしまうのが常だったが、最近、たま〜に、こんな風に仲良く?一緒にカリカリを食べる姿が見られるようになった。この光景たるや、もー、ず〜〜〜っと眺めていられるってものだ♪

最後に、動画を一つ・・・



まず、ウチの猫たちは、代々、5日間くらいは猫だけでお留守番ができる、という前提がある。
今回、私は6日から13日まで丸々8日間、留守にした。途中、9日の夜に一度、業務終了後に宿泊先から自宅へ戻り、トイレ掃除と水の取り替えとカリカリの補充を済ませ、30分ほど猫たちの相手をして、終電ギリギリで宿泊先へ帰る、という回を作った。いささか強行軍にはなったが、猫たちの無事も確認できたし、何より“モフモフ触り放題”の補給ができたので、その後も心穏やかに業務を続けられた。

そして、この動画は、13日に帰宅したときの「おかえり〜」シーンの一部。控え目な にゃんち に比べ、グイグイくる フウガ が可愛くて、たまらない♪ ただの親バカ動画だが、フウガ の鳴き声をお楽しみいただければ、と(笑)。

そろそろ平常営業に戻ります
2018年04月12日 (木) | 編集 |
某:なんでお前は、そんなに爬虫類が好きだって言うんだ? なんの反応もしない連中じゃないか?

私:見てるだけでいいの! 小さな恐竜を見てる感じが気持ちいいの。そういえば、スズメってティラノサウルスの直系の子孫って、知ってた?

某:知ってる。羽毛があって、という話だろう?

私:それだけじゃなくて、骨盤の脚の付き方が、近いんだって。現在のトカゲやワニの歩き方より、スズメやカラスの方が、Tレックスっぽいでしょう?

某:なるほど。そういえば、良く、Tレックスがステゴサウルスを襲ってるイラストとかあったけど、あれ嘘って知ってるか?

私:ステゴサウルスとTレックスが同時代の恐竜じゃないのは、もちろん知ってる。

某:じゃあ、Tレックスにとっては、ステゴサウルスより人間の方が、時代が近いのって知ってる?

私:???

某:ステゴサウルスが生きていたのは2億年くらい前で、Tレックスは6500万年くらい前、つまりステゴサウルスがいなくなってからTレックスの時代まで、1億年間以上離れている。が、Tレックスから人間までは6千500万年間くらいなわけだから、人間の方がステゴサウルスよりTレックスに近い、ってことさ!

私:あーっ!そうか、そうだ!!

某:しかも、生きていたあいだが、ステゴサウルスは何千万年間以上、Tレックスは何百万年間以上、っていうんだから、もう途方もない長期間で、想像もできないよ。

私:ちょっとタブレットいじってみたら、ここに「地球の始まりから今までを1年間に例えたら」ってサイトがあるよ。恐竜の出現は、、、12月13日だって!

某:なに!? じゃあ人間は?

私:恐竜の絶滅が12月25日で、、、ホモ・サピエンスの登場が12月31日だって!

某:うわははは、そりゃとんでもないや。

私:正確には、12月31日の午後11時37分にホモ・サピエンスが生まれて、農耕牧畜が始まるのが午後11時58分52秒で、キリストが生まれたのが11時59分46秒で、産業革命が59分58秒、20世紀は59分59秒に始まって終わってるらしい、、、

某:じゃあユーフォニアムは、何秒ごろに出てきたんだい?

私:え〜〜〜、59分58秒50 とか? もー、絶対に「秒」じゃないでしょー!


・・・なんて会話を、某音楽家と英語でヤイヤイ盛り上がっていた昨晩。。

普段とは違う現場も、明日の朝で終了。明後日から平常運転に戻るのが、ちょっと(かなり?)寂しかったりするが、猫たちも待ってるし、自分も鍛え直さないと、だし、、、現実逃避ばかりもしていられない。また気持ちを入れ替えて、頑張らないと、な。

写真は、8日に、少しだけ北東の方へ移動したときに撮ってきたもの。滞在時間は短かったものの、満開の枝垂桜に癒されました♪

IMG_4538.jpg

こないだまで雪降ってたのに
2018年04月07日 (土) | 編集 |

昨日から来週金曜まで連勤の現場、窓から見える風景、、、

「うわぁ~♪」

より、

「えぇー;」

と思ってしまった、いかん、イカン。。

長丁場で、連日あちこちに出かけるので、走行距離はそこそこだが、毎日同じ宿へ戻ってくる、というセッティングなので、重いもの背負ったりコロコロしたり、の必要ないのが嬉しい。

さー、がんばろう!



弾丸帰省が続いた理由
2018年03月30日 (金) | 編集 |
実は3月に入ってから、週の半分は群馬に帰り実家の手伝いをし、残り半分で横浜の自宅からいつもの仕事をこなし…という日常が続いていた。

コトの起こりは、1月22日の、あの大雪である。

こっちも雪中行軍で帰宅するほどの降雪だったが、群馬も凄かろうと思い、夜、母に「大丈夫?」メールをした。すると、普段はメールにはメールで返信がくるのに、いきなり電話が鳴ったので、何事かと思って出てみると、「お父さんが骨折した」という。

自分も2年ちょい前に手首を骨折しているから、雪でコケて手でも突いたか、と思ったら、なんと脚をヤッたというではないか。「大腿骨骨折だって…、手術しないとダメだって…」と、もうボロボロである。

すぐに飛んで帰ろうと思ったが、母が、本人は入院して病院で面倒みてもらっているし、店は当分休むことにしたから、来てくれてもコレといってやることは無い、と言う。私も、当面は頂いている仕事もあるので、とりあえず、3月には帰る約束をし、それからはほぼ毎日、メールやら電話やらで連絡を取り合って、とにかく母を励ますことに努めた。

この辺の経緯を、これまでこのブログでも隠して?いたのは、実は母から箝口令も出ており、、、妹の甥っ子パート1(父母にしてみれば孫1号)が、この春、高校受験だったもんで、「とにかくそれが終わるまで心配かけたくないから、絶対に内緒! 間違っても口を滑らすなよ!」と厳命が下されていたのだ。

父の元々の持病で服用している薬の都合だとかで、手術は一週間後の29日に行われた。この頃には、電話の母の声もずいぶんと明るくなり、執刀したドクターから、手術の成功はもちろん術後の経過も順調だと言われたとか、日頃の食生活や身体の動かし方が良かったんだろうとお褒めもいただいたとか、そんな話も聞くようになった。時には、「お父さんのことは病院に任せておけばいいんだから、ちょっと独り暮らしの時間を楽しんでるよ♪」なんて笑い話も出ていた。
が、何日かに一回は、「でも、お店にまた立てるか、分からない。先生は立てるようになると言ってくれてるけど、今まで通り仕事ができるかどうか、、、」と弱気なことを言ってくる。「もう、お店を閉めることになっても仕方ない。お母さん一人で出来ることを考えるか、、、」みたいなことも言い出すので、あぁ、これは、いよいよ私も腹を決めなきゃいけないかな、と思ったりもした。

2月が過ぎ、いよいよ3月7日に帰省すると、果たして駅に迎えに来たのは、父が運転する車だった。血色も良く、えらく元気そうで、同乗の母もニコニコしている。折ったのが左脚だったので、車を運転するのに支障なく、今は自分の車でリハビリにも通っているという。車好きな父なので、運転できるのは何より嬉しかったのだろう。そして、店を10日の土曜日から再開すると言う。そりゃ早過ぎないかと思ったが、入院中のリハビリも「厨房に立って鍋を振ること」を想定した訓練をして貰っていたそうで、とりあえず、昼営業だけ、やってみると言う。

8日と9日は、6週間余り閉めていた厨房と客席の、床を磨いたり、器を洗ったり、そのほか諸々の開店準備を手伝い、10日の昼営業の助っ人をして、私は一旦帰宅。父は、長時間立っているとやはり疲れる様子だったが、それでも嬉しそうに仕事をしていたので、一安心。何より、術後初めて自転車にまたがり、「すげぇんな、自転車もこげるで~!」と少年のようなとびっきりの笑顔でチャリンコを走らせる父を見られたのは、我が家的“世紀の瞬間”と言えよう(笑)。

私が手伝いに帰省したところで、鍋を振ったりラーメンを茹でたりできるわけではない。してやれるのは、床や客席の掃除をしたり、野菜を切ったり、丼にご飯を盛ったり、厨房と客席を往復して料理を運んだり食器を下げてきたり、あとは洗い物をしてやったり、くらいなものだ(ウチには食洗機の設備が無く、全て手洗いなので)。それでも「助かったよ」と言ってくれる両親には、こちらこそ感謝してるのだ。そして、何より、2ヶ月近く休業していたにも関わらず、店を再開したその日から、それまでと全く変わらずご来店くださるお客様方が本当にありがたく、従業員の身ではないけれど、心から感謝を申し上げるばかりである。

写真は、先週金曜日のまかない☆ この日は、麺類が多く出たので余ったご飯を母が味噌のおにぎりにして、父は、お客様には出せない部位の鶏皮を使って、ちょっとカレー粉を効かせた唐揚げを作ってくれた(もちろん、どっちも美味しい!)。これをバクバクっと食べてから、父方のお彼岸ミッションへ。お墓をゴッシゴシ洗って、ここでも少し貢献できたかな、と~。



年齢が年齢だけに、いろいろ思うこともあるが、ひとまず“日常”が戻ってきてくれたので、私の「週半分、食堂のお手伝い」生活も一旦収束した。こっちはこっちで、だいぶ自宅のことを放ったらかしにしてしまったので、昨日今日で洗濯機を3回半ほどまわし、ダウンジャケットや冬物大型衣類を5着くらい手洗いし、掃除したり、書類整理したり、猫共のご機嫌を取ったり、、、。

そうそう、良い子でお留守番をしていてくれた猫たちにも、もちろん感謝感謝なのだが、コトバでは通じない連中なので、おとっときの缶ゴハンを大サービスしてやりましたとも!