黒猫姐さん&ラグドール王子と暮らす、フリー暦28年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
8月まとめ(ちょっとお疲れモード;)
2017年08月31日 (木) | 編集 |
先週24日(木)、無事に河口湖から帰宅させてもらい、猫たちの無事を確認後、留守の間の穴埋めをタップリご奉仕してから(爆)倒れるように爆睡。

翌25日(金)、10時には家を出て 12:30 にホールへ集合し、本番会場にてリハーサル(市の催しとはいえ、大ホールで練習させて頂けるという贅沢さと有難さを、コドモたちはどれくらい将来に気づくだろうかね〜♪)。
5時に自宅最寄り駅まで帰ってきたところでヘアカットに駆け込み、いつもお世話になっている美容師さんに「目にお疲れが出てますね〜」と慰められ、髪を切り終わったその足で近くの(お初の)マッサージサロンへ飛び込んで、とりあえず首・肩・腕・背中をほぐしてもらう。担当してくれたおニイさんが「こんなに凝って張った腕のかたは、滅多にいらっしゃいませんよぉ。お辛いんじゃないですかぁ。」とお世辞にもならないことを言う(爆)。

帰宅して泥のように眠り、翌日は午後1時くらいに家を出て現場へ向かう。

本番は、こちら♪(そう、この大ホールで、前日に練習させて頂いているのである。なんて恵まれた出演者たちなのだろう…)

image5_20170831234903aa4.jpg

本番の結果は、、、表彰があるものではないのでナントカ賞とかは付かないが、コドモたち、なかなか頑張りました!
合宿からホール練習、そして当日のリハーサル/チューニングまで、私が今夏、徹底してこだわったのは、

 楽譜を正しく演奏する(臨時記号を落とさない!)

ということ。「え、そんなレベル?」と失笑されてしまうかもしれないが、されど なのである(このハナシは長くなるので、またいずれ改めて〜)。

さて、この夏に大活躍だったのは、こちらの “自家製指揮棒”(小笑)



お菜箸の方が、譜面台の端で拍を打ったとき軽い力で良い音がするし、疲れて握力が無くなってきた時にはコルクの大きさが掌に引っかかり指揮棒を落とすこともない♪

本番の翌日 27日(日)は、夕方から仕事の予定だったが先方都合によりドタキャン(今回ばかりはラッキー!)。出かける身支度を脱ぎ捨てて、再びベッドに沈み込む。

28日(月)、フウガの首輪が合宿から帰ってきたらボロボロになっていた(にゃんち には首輪をつけていないが、フウガ は、うっかりするとどこに行ったか分からなくなるので、幅広のリボンに音の小さい鈴をつけてユルッと首に結んでおいた)ので、こんなものを縫製☆

image1_20170831234858398.jpg(ちゃんと鈴も装着♪)

かねがね、茶トラ系の毛並みには赤のバンダナが絶対に似合う、と思っていたので、長兄トト以来、理想の首輪が実現〜♪♪

ついでに親バカ写真を少々〜

image2_20170831234900d46.jpg

image3_20170831234900ec1.jpg

上の写真の、真ん中部分を拡大すると…

image4_201708312349015f8.jpg

なんか萌えるわ〜♪

萌える、といえば、こちら!

ヨコハマ恐竜展

今年こそは観に行こうと思って7月早々にチケットを購入しておいたのだがなかなか時間が取れず、、、火曜日、仕事前に意を決して?出かけて来た!

こんな素晴らしい全身骨格や頭部骨格はもちろん大好物だが、

image8.jpg

image6_20170901004047e1c.jpg

実は、こういう部分に萌えまくったりする〜

image7.jpg

イイなぁ、化石の関節・・・

そして、こちらもなかなかイイ感じの復元展示恐竜↓

image5-1.jpg

若干「いかがなモノか」と思いつつも、せっかくなので写真スポットもエンジョイしてみる(笑)

image9.jpg

(ここでは係員のオネエさんが、入場客の手持ちのカメラでも撮影してくれる☆)

ほかにも、萌えまくって撮りまくった写真がまだまだあるので、それらも近いうちに改めて!

まだまだ疲れが抜け切らず、さらにちょっと医者にかからないとヤバそうな案件があったりで、とりとめのない更新になっているが、自分のための備忘録というコトでご容赦を・・・

ついでにもう一ネタ;合宿でウチの子供たちと音出しした、自家製の編曲モノ

fullsizeoutput_528.jpeg

ユーフォニアム6重奏で、全パートに一人ひとりの子供の名前を入れてある♪ 年長クンのリクエストにより作成。本番は12月だが、今年はお面を作ったり、毛皮を着なくても済みそうだぃ(笑)

過去の模様♪ 2016年 2015年


三日め!
2017年08月23日 (水) | 編集 |


昨日よりハッキリくっきりの富士山♪

パートレッスン、合奏、そして講師演奏&子供たちとのレクリエーションと、今日も満載、、、

ファイト―――!!!

からの楽器洗い大会/モケモケは新品が良い!
2017年08月22日 (火) | 編集 |




一年に一度の楽器丸洗い大会!

モケモケこと「フレキシブルクリーナー」は、断然新品の方が作業効率も良いし、しっかり“痒いところに手が届く”ことを実感~
\(^-^)/


今年も The Week of Death がやってきた(個人の見解です)
2017年08月21日 (月) | 編集 |
先日ケータイの機種変をした都合で、いろいろ時間を取られ、しばらく更新もままならず、、、

なにせガラケーからの機種変だったこと(今はガラホになった)、それに伴いコースの見直しをしたら、今まで使っていた iPad を解約し新たな Pad を購入してガラホと契約を一本化した方が安くなると言われ、新しいヤツにデータを入れ換えたら使えなくなってしまったアプリが出てきたり、iTunesからのバックアップでは至らず手入力を余儀なくされるアレコレがあったり、ナンだりカンだり、、、

その間隙を縫って、スコアをいっぱい読んだり、ピアノをさらったり、子供達のユーフォニアムアンサンブルのためにちょっとした編曲をしたり、レベル別の指導作戦案を立てたり、、、

アッと言う間に、例年恒例の合宿シゴト@河口湖。

moblog_20a616c9.jpg 富士急行(普通)の先頭車両からの眺め♪

若い学生たちが音を上げるくらい、なかなかシンドい現場である(ブラック、という意味てはない、仕事後の充実感も成果も大きいが、とにかく大人のカラダにクる、というヤツ~?)。年々、我が身の厳しさは増してくるばかりだが、老体にムチ打って、頑張らなきゃなー??

(去年は台風直撃だったが、今日はお天気に恵まれてマス?…まぁ、ずっと屋内で練習なので、雨が降ろうが槍が降ろうが関係ないのだが、それでもお天気が良いほうが気分が上がるもんね~?)

富士山が雲の中なので周辺の山なぞを~

moblog_e6d0a8d7.jpg

合宿所のお母さんのお話では、8月5日から富士山が見られてないのだそうだ。帰るまでに、お顔を出してくださるかしらん?


ひっさしぶりの Euph-Tuba カルテットにて♪
2017年08月09日 (水) | 編集 |
といっても、自分が出演するのではなく、後輩たちのハナシ。

明日の本番を聴きに行けないため、昨日、リハーサル場所へ出向き、練習を聞かせてもらった。



私、ユーフォニアム吹きですが、実は、俗にいう「バリ・テューバ」とはずいぶんご無沙汰で、、、久しぶりにユーフォニアム・テューバ・カルテットの“鳴り”を聴いて、ちょっと懐かしく思ったり~。
(ちなみに「バリ・テューバ」とか「バリ・チュー」という呼び名、私はキライです! 長くても「ユーフォニアム・テューバ・アンサンブル」と、私は言いたい!
( ̄^ ̄)ゞ)


しかし、彼らのプログラムの何曲かは、プレイヤー側には懐かしさに親しむ余地を許さないなかなかの大曲で(苦笑)、のんびり見学させてもらうつもりが、ついつい一緒になって、そこがどうだの、ここがこうだの、、、

気が付けば3時間ほど、熱いリハーサルを共に過ごし、そのあと旧交を温め&新しい友人との出会いをセレブレイトするディナーという飲み会へ~♪



ジェントルなタイ人くんのリクエストで行ったジャパニーズ・イザカヤが、大当たり!(お皿の写真が一つもないが・笑)美味しいお料理とお酒で、終電まで盛り上がって帰ってきた。

留学している/していた連中の話は、何を聞いてもとても嬉しいし、大学を卒業して数年社会で揉まれ今20台後半で頑張っている後輩達の話は、共感できたり「オレのとは違うなぁ~」と言ってみたり励ましたくなったり、、、オバさんとしては、微笑ましく頼もしい、という気持ちでいっぱいになるのである。

彼らは今日も、一所懸命にリハーサルに励んでいるとのこと。熱く、音楽に真っ直ぐな連中のコンサートです。アクセスも良い会場ですので、お時間のある方はぜひ! そして、どうぞ忌憚のないご意見を彼らにお聞かせください。経験の全てが、将来ある彼らの糧になりますように。。
自発的欲求では無かったとしても、さらえば吹きたくなってくる件
2017年08月04日 (金) | 編集 |
この時期、自分が本番とかで吹く機会があるわけでもないのに、結構マジメにさらう必要に迫られるのが、指導先がコンクールに臨む曲のパート譜だったりする。

グレードによっては、前もって楽譜を貰って譜読みしておかなくても(こちらが必死にさらっていかなくても)伺った現場で楽譜を見せて頂いて充分に対応できるものだが、そうはいかない曲、という場合もあるわけで、、、

さらに、難易度の高い曲で、かつ、指導先が予選を抜け、その先の大会へ駒を進めた場合には、その曲と付き合う期間も自ずと長くなる。

いまお付き合いしているパート譜は、こんなので~





某スミス氏の、めっちゃ速い曲、である。こんなもん、さらわなきゃ、レッスンできませんっ。お手本になるように、いやー、さらった、さらった。。

で、、、さらって吹けるようになると、いわゆる合奏でやってみたくなるもので、、、

でも、こんな大曲、ホイホイと演奏できる機会が巡ってくることも無し、、、、、

・・・
・・・・・
どこかアマチュア楽団さんで吹かせてくれるところ、無いですか~っ?(^人^)


さて、これから二日ほど、祭り期間の実家の手伝いと、ちょっとした家族会議の為に帰省する(桐生方面の皆さん、糸屋通りの五十番は、お祭り期間はお昼のみの営業です♪)。

フウガ は、初の『お留守番』だ。果たして、にゃんちニィニの言うことを聞いて、大人しく良い子でお留守番できるだろうか・・・(ちょい不安?・苦笑)






残念なハナシ・2題
2017年07月28日 (金) | 編集 |
其の一/

数日前のこと、、、

近所のスーパーで、ママに連れられた小さな女の子が、歩きながら執拗なくらいに、

「うなぎサン、かわいそうね、ね~。かわいそうだね、うなぎサン、ね~。。」

と繰り返していた。

確かに土用丑の日がらみで、そのスーパーでも鰻の大売り出しをしていたのは知っていたが、そんなにカワイソウを連呼するほどの事はなかろうに~、と思いつつ、その母娘が歩いて来た方へ進むと、、、

あー、こりゃダメだわぁ。。(苦笑)

 鰻かば焼きパック山積みの手前に生きてるウナギが〜

 寂しい水槽…;;

“食育”を狙ったのかもしれないが、このディスプレイは、ちょっと、あんまりと言えばあんまりな…(爆)。

お嬢ちゃん、あなたの感性は正しい! 確かにコレは、うなぎサン可哀想だわー。


其の二/

先日、一年ぶりに呼ばれた中学校でのレッスンにて、、、

対コンクール初戦の為に、ここ数年毎夏呼んで頂いている学校だが、今年のEuphoniumパートは2年生男子が一人。

しかしこの彼が、打てば響く、というか、指導するそばからガンガン吸収してくれて、みるみる上手になっていく♪

決して「小さい頃からピアノ触ってました」的な、音楽的センスに満ちているというタイプではない。しかし、とにかく練習して練習して、練習しまくって…という生徒らしく、顧問先生も「練習量は部内でトップ3に入ります!」と太鼓判を押していらっしゃった。

練習している内に Euphonium が大好きになって、更に弛まず練習を重ねた結果、アタックや音色や音のタッチや長さや処理の差を聞き分けられる耳も育ったらしい(自力で訴求するのはまだ難しいようだが、お手本を示してあげれば、何回か試行錯誤の後ほぼ完コピできる、という具合☆)。

一年で、実に頼もしく好ましい、小さなユーフォニアミストに育ってくれたものだ、と喜んでいたら、ちょいちょいピストンを激しくガシャガシャするのが、ちょっと耳についた。

触らせもらうと明らかにピストンが乾いている感じ、、、

私「ねぇ、オイルいつ差した?」

彼「え? ん~、、、あ、先週の金曜日くらいです!」(レッスンしたのは水曜日)

…瞬時、直前まで菩薩のごとく話しかけていた私の口から飛び出たのは、

「バカたれがぁ、このーッ! 前に楽器のお手入れも、みっちり教えたでしょーがっっ! オイルは、夏は特に蒸発しやすいし、汚れを洗い流してくれる役目もあるんだから、練習の前後にタップリ差してあげて、って言ったの、覚えてないのーッ!?」

・・・まぁね、上履きのあっちこっちに穴があいてたり、ズボンの膝辺りがシミだらけだったりする中学生男子なんて、まぁ、そんなもんだよねー、残念っっ(泣)。

ま、こってりカミナリを落としておいたので(笑)、たぶん?来年、また会えるときには、ちゃんとしていてくれることを期待しておくとしよう(笑)。ガンバレよ〜!

お口直し?に、今朝のツーショットをどうぞ♪

IMG_2198.jpg

にゃんち の寛大さを、誇らしくさえ思う今日この頃である。
o(^-^)o