黒猫姐さん&ラグドール王子と暮らす、フリー暦28年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
なぜオマエは横に寝る!?
2017年07月15日 (土) | 編集 |
このところ朝、目覚めたときに見える風景、、、



ちょっと腕を伸ばして撮影してみる、、、



キミの為、冷え冷えボードをしっかり縦に並べてやってるのに、なんでそうなるかな~
( ̄◇ ̄;)

そーっと布団から出て、遠景を撮ってみると、こんな感じ、、、



ぶっちゃけ、邪魔ですっ!

・・・でも「ったく、しょーがねぇなぁ、カワイイ奴めっ」なんて思ってしまう、親バカな私(で、ジワジワと肩コリを溜め込んでいく、、、バカすぎるぅ~)。


ところで、昨夜は正真正銘の“尾頭付き”を焼きました!



ももこ の四十九日だったので~♪



仕事終わりに、閉店間際のスーパーでは珍しいくらいの良いアジがあってラッキーだった。これで間違いなく ももこ も極楽浄土へフンフン♪と旅立って行ってくれたことだろう。

もっちゃん、、、また来月ね☆

二十歳のお祝いなので、、、
2017年07月10日 (月) | 編集 |
まだイマイチお腹の調子が戻らないワタシ、、、今日の昼にキュウリを食べてみたら、また1時間もしないうちに「きゅるるるル~」、、、ん~、やっぱりまだイモとかお粥とかが無難のよう。。

でも今夜は、ずーっと前から「鯛を焼く!」と決めていたので、仕事帰りに、5月末から足を向けていなかった魚屋さんへ立ち寄る(実はまだちょっと、魚屋さんを物色するのがツライのだ;;)。

ちょうどいい尾頭付きが無くて、考えた結果、このようなラインナップに~。



“尾頭付き”は ハタハタにてクリアとし、切り身だけど天然モノの真鯛なら、祝い膳に不足は無いだろうと、、、

そう、今日は ももこ の二十歳の誕生日なのだ!



本当は、好きなだけ食べさせてあげたかったんだけどね、、、

ハタハタや干し魚はだいぶ塩っぱいから、以前は私が一回モグモグして、塩味を取ってから与えていた。魚好きな ももこ の食べるスピードが早くて、いつも「もうちょっと待ってェ~」と大騒ぎ?だったっけ。

鯛は、言うまでも無し! 真鯛の切り身など滅多に買って来なかったが、頭やアラが安く出ている時はたまにおかずにしていた。もう、満面の笑みを浮かべているのが分かるような様で、パクパク食べていたっけ。。

もっちゃん、今日はマジでご馳走だよ! 2ヶ月ほど早くあっちに行っちゃったけど、四十九日は今週の金曜日だけど、今夜はここに来て、ハタハタと真鯛を満喫しておくれ!!




今季 初ヘソ天♪(付記;ちょっと毒吐き)
2017年07月04日 (火) | 編集 |
昨日からの急激な気温上昇・・・

目撃しました、にゃんち坊の ヘソ天/股開き~。



そして、廊下に落ちる。。



気温もさることながら、台風接近による湿気と気圧の変化も、かなりシンドい巨大猫サマなのである。

今日は幸い仕事がなく、出歩いたのは近所のお医者だけ(私/皮膚科)。いま時分にお出掛け先からお帰りの皆様、くれぐれもお気を付けて!


=== ここからちょっと毒吐きです ===

ある仕事先で、公立校のセンセイがやたらと「クイック・レスポンス」という言葉を子供達に要求している。
いろいろな考えも内包されているようだが、一番は「先生が何か言ったらすぐにお返事をする」ということらしい。

私は実は、何でもかんでも「ハイッ」と即時大声で返事をされるのが、嫌いだ。そうするのが気持ちイイと思う子が自発的にしてくれるのは、大歓迎である。しかし、ルール付けされて、もう、反射的に、もしくは「やらねばならぬ」と強要されて、そうしているというのが嫌で嫌でたまらない。

バカでかい声で返事をするパワーがあるなら、その力をもっと楽器鳴らすことに使えよ、返事するタイミングを気にするヒマがあるなら、その時間でもう一回、いま言われたことを反芻しろよ、と思う。「ハイッ」て返事した瞬間に、いま聞いたことが頭からこぼれちゃわないかい?

「クイック・レスポンス」なんてカッコつけて、結局は、子供達が頷いている姿が目に入ってないだけじゃないの?と、毒づきたくなるブラックなワタシ。。
(もちろん、分かったのかどうか全く反応が無い生徒というのは、論外である。声で返してくれなくてもイイ、眉毛でもヒゲでもシッポでも、反応はしてくれないとイケません!)

昔の写真・・・
2017年06月27日 (火) | 編集 |
これは、ももこ が家に来て2年目の冬ごろの写真・・・



今から13年くらい昔の、スリーショットだ♪

長兄(茶トラ)トトが、たぶん7kgくらいで、ももこ も5kgくらいあった頃 ~ ももこ の方が大きく見えるのは、単純にレンズの都合 ~ あもん もフカフカで、みんな毛艶も良く、当たり前だけれど、若々しい。。

ふと、

この通りに並べてみようかな、、、

と思った。







骨壺の大きさは、みんな一緒だね。。


さて、今朝の にゃんち坊ちゃんは、私の足先に寄り掛かって、こんな顔!



コレで、11歳と7ヶ月だからなぁ、、、ダマされては、いかんぞ~(苦笑)。


冗談はともかく、実は トト が逝ったのは、11歳と1ヶ月半になった頃だった。にゃんち が、まず、トトの年齢を健康的に越えてくれたことに、何よりホッとしている。


ももこ が逝って、19年ぶりに“1頭飼い”になった我が家・・・そこで、にゃんちが1日でどれくらいカリカリを食べるのか、初めて正確な分量を測ってみた。

その量・・・なんと平均 75g!

缶ゴハンは、だいたい 35g~40g ぐらいしか食べないことは知っていたが、、、8kg超という図体の割には、あんまり食べてないのねー(と、ドクターにも言われた)。

でも、腹八分目?でイイ感じなのかな??(笑)。

さぁ、にゃんち君、長生きしようね~。






Summer cut in 2017 / 口福到来
2017年06月22日 (木) | 編集 |
毎年恒例、にゃんち の毛刈りに行ってきた。



今年は『マルガリータ』ではなく、「全体に短めにカットして、重いところは すいておきましたぁ~♪」的な仕上がり(笑)。



私は今年もマルガリータで良いと思っていたのだが、そこら辺はドクター任せなので(ペットサロンではなく、いつもお世話になっている病院でカットしてもらっているので~)、まず、腹側とお尻周りと四肢の間にガッツリ出来上がっていたフェルト状の毛玉を除去してもらい、そこから先は、ドクターの好きなようにカットしてもらった。

でも、これでも充分軽くなって、本人はかなりご満悦らしい。帰宅してからの、手足のノビノビ具合が、全然違う(笑)。



カット中の にゃんち は、時々「ヤだぁ~」と文句言ったり、軽くローリングして拒否を試みてたが、概ね大人しく、シャーもフーも言わず、もちろん噛みも引っ掻きもせず、作業はとっても順調に進んで、ドクターにも看護師さんにもとても褒めて頂いた♪ “ひとりっ子”になって、逆に成長したのかなぁ。。


閑話休題、今年も遠方のお弟子さまから、大大大好物を送って頂いた!



夢の、ゴハン茶碗一杯の さくらんぼ!!! 幸せーーーーー!!!!!

数日間、「さくらんぼでお腹いっぱい♪」という、超・超絶な口福を味わいます。ありがとうございました!!!

19歳と10か月16日でした
2017年06月03日 (土) | 編集 |
先週の金曜日、5月26日の未明、ももこ が亡くなった。

前日、25日木曜日の深夜(日付は26日)、指導先の資料作りをしていた私は2時くらいに就寝した。寝る前に ももこ の姿を探すと、ダイニングテーブルの下に、いつも通り横になっていた。1時くらいに「おかあちゃん、そろそろ寝るよ~。もっちゃんは? 何か食べる?」と話し掛けるとボソボソ返事をしていたし、寝る前にもう一回見ると胸もちゃんと動いていたから、あ~息してるな、大丈夫だな、って思って眠った。

6日間遡る19日の金曜日、そろそろ薬も無くなるのでと検診に連れて行ったところ、膿瘍の状態も良く、むしろ収束しかかっていて、ドクターにとっても褒めて頂いていた。「毛ヅヤも良いし、四肢にも力が入るし、膿も増えていないし、このまま維持していきましょう♪ 何よりゴハンをしっかり食べているのが、素晴らしいことですよ」と大絶賛だったのだ。

しかし、その二日後の日曜日、突然に薬を混ぜたゴハンを食べなくなってしまった。「不味いってスネてるのかな?」と思い、大好きなプリンを出してやったが、ひと舐めしただけで、これも食べない。ただ、お水はちゃんと飲んでいるし、おトイレもしっかり大小をしているので、こういう時もあるかと思って、この日は撫でたり声を掛けてやるだけに留めていた。

翌日、カツオとプリンを出してやったが、やはり食べない。薬を混ぜずに試しても、口を付けない。カリカリは食べているようだが、夜、かなり派手に吐いた。

火曜日、アジの白焼きをほぐしてやってみると、これはウニャウニャ言いながら食べた(それでも量はかなり少なめ)。仕事前に出していった缶ゴハンは、全く食べた形跡が無かった。そして夜中、 またかなり吐いてしまう。

水曜日、18歳以上用の柔らかいキャットフードを出してみると、自分からちゃんと口を付けるものの、余りお気に召さない様子。マヨネーズを鼻の前に出してやると、これは嬉しそうに三くちほど舐めていたが、それ以上進まず、当然、固形物には目もくれない(つい先週まで、にゃんちのゴハンまで横取りしていたのに)。

木曜日、さらに流動食状の、トロトロのマグロ・ポタージュのようなゴハンを出してみる。やはり自分からちょっと食べてくれるが、ティースプーンに2杯くらいの量も完食しない。マヨネーズは、また嬉しそうにちょっと舐める。トイレは、変わらず大小きちんと出ているし、私の横をすり抜ける時も、ひょいっと脚を跨いで行ったりするので「明日はまた別のゴハンを出してみようかな」なんて思っていた、、、

実は私が、20日の土曜日からずっと風邪っぴきで、微熱・咳・喉腫れが治らず、それでもいろいろ作らなければいけない楽譜やら資料やらがあり夜更かし必至なものだから、26日の金曜日は、仕事に出掛けるギリギリまで寝ていようと思っていた。昼前、11時頃に起きて、まず「ももこ はどこで寝てるかな?」と台所に行くと、前夜と同じところに横たわっっている。

全くいつも通りの寝姿だったが、何か違和感があり、まさか息をしていないかも?と手を握ったら、もう冷たく固くなっていた。。

死後硬直は2〜3時間らしいから、明け方に逝ったのか、、、朝まで資料作りをしてたら温かいうちに気付いてやれたかな、と思うと、もう、ごめんね、という言葉しか出てこなかった。

出掛ける前に、涙を垂れ流しながら段ボールを切ったり折ったりして箱を作り、コンビニへ走って大量に氷を買い、そこへ ももこを安置してから、 病院へ電話して事情を話し、火葬業者さんを紹介してもらって荼毘の予約を入れる。だいぶ暑くなってきたので、とにかく綺麗なまま、送ってやりたかった。

そう、本当に綺麗なまま旅立っていって、、、ドクターは患畜さんがいて手を離せず、看護師さんが対応してくれたのだが、お悔やみのあと開口一番「床は汚れていませんか?」と聞いてきた。しかし、口からもお下からも汚物の何も出さず、まだまるで眠っているようです、と告げると、本当に驚いた様子で「ももこちゃん、本当に偉かったんですね。」と、、、

moblog_7522eb72.jpg

でも、こんな立派な大往生をしてくれなくても良かったから、もう少し一緒に暮らしたかったよ。あと1ヶ月ちょっとで20歳のお祝いだったのに、、、

固いモノが食べられなくなっちゃったから、もういいっちゃ、とでも思ったのかい?

こんなにも同居人の手を煩わさず、面倒かけず、立派に往生されちゃったら、ニンゲンとしては、参っちゃうよ。。

本当は、例えば夜、テレビなんか見てて、ふと横を見たら「あれ?ももこが息をしてない!」って気付いて、だんだん冷たくなっていくのをずーっと撫でててあげる、というのが理想だったんだけど、、、ねぇ、もっちゃん。。

27日土曜日の午前、炉の煙突からは煙は見えなかったが、ユラユラと熱風が立ち昇っていく様子はよく分かった。あぁ、空へ昇っていってるなぁ、と思った。あもんを見送った日は激しい雨降りだったが、ももこは、これでもかというくらい晴れ晴れとした良いお天気で、もう、どこまで面倒かけないつもりなんだよ、どこまで良い子なんだよ、とそればかりが頭の中を巡り巡る。

moblog_05a3c436.jpg

初七日を過ぎても、寂しいものは寂しい。幸い仕事が立て込んでいて家でボーッとしている時間が無いのが、皮肉にも救いになっているが、仕事帰りにスーパーへ寄るのが辛い。正確には、肉と魚売り場の前を通るのが辛い。でも、仕方ないね。。

お骨は、家に置いておくことにする(仙台の妹のために分骨は済ませた)。そのうちワタシの墓も決まろうし、いつかそのとき一緒にね、と願いつつ。。

moblog_74624760.jpg


可愛かったり憎らしかったり(苦笑)
2017年05月22日 (月) | 編集 |
久々の投稿は、にゃんち坊ちゃんのネタから~

数日前、夜なべPC仕事をしていて、ふと気付くと にゃんち の姿が見当たらない。
息抜きついでに、ちょいとチョッカイ出してやろうと探しに行くと、私のベッドの上で何かモゾモゾしている。

170509_2200~01

私の洗濯物をモミモミしてました~♪

以下(本来なら動画でお見せしたいところ)、ただただ親バカ連写っす。

170509_2200~03

170509_2200~04

170509_2201~01

170509_2201~02





しかぁーし! この話にはトンでもないエピローグが…

深夜やっと楽譜やらテキストやらの打ち込みとレイアウトが終わり、やれやれ~と布団に入ったら、掛け布団のどこかからカサカサいう音がする。何かが当たる感触もあり、照明を点けて、足元のデカ猫の迷惑そうな顔をよそに探すこと30秒ほど、、、

?? なんじゃコリャ!?

台所の【お母ちゃんのお菓子入れ】に取っておいた、マドレーヌじゃないかぁー!



コレ、気付かなかった暁には青カビまみれで発掘されるヤツだ(爆)。

このまま冷蔵庫に放り込んで、翌朝、美味しく頂きました☆


さて、日は変わって、次は帰宅が遅くなった夜の話、、、

寝室の照明のスイッチを押したとたん目に入ってきたのは、点々と散るゲロリン(もうボカシも入れず載せちゃいますっ・涙)。




・・・ん~、毛玉だな。。

もちろん、この分量と混入した毛の色から、犯人猫は にゃんち と断定。

さぁ、何が起きたか推理しよう~。

画面左の、布団の上に置いた私のパジャマズボンにビッシリ毛が付いていたので、まず、ホシはここで寝ていたのだろう。

そしたら何かモヨおしてしまい、一発、オエッと…

ホシなりにヤバいと思って、ベッドを飛び降りたところでもう一発(画面右中)。

それでも収まらず、最後に場所をずらして一発(画面上側・ゴミ入れ脇)。

ってところだろうな!

まぁ、長毛猫と暮らしていたらゲロリンは“日常”なので、それを叱るつもりなど毛頭無い。が、できればベッドの上では勘弁して頂きたいな、と思うワケで、、、


でもなぁ、、、朝起きて、目の前にこんな光景を見ちゃったら、全~~部ひっくるめてドーでも良くなってしまうんだけどねー(甘いなぁ、アタシ・苦笑)。