FC2ブログ
ふわふわコゲ茶トラ&ラグドール王子と暮らす、フリー暦30年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
フウガ見参!
2017年07月24日 (月) | 編集 |
新しい“家族”を迎えました!





全身図はこんな感じ♪




推定 5歳3ヶ月 の男の子である♪

長らく保護猫サンたちのお世話をしていらっしゃる、或るお宅から我が家にやって来た。

にゃんち との相性もあるので、しばらく“様子見”をさせてもらっていたが、もう二日目くらいから「オレ、拾われた時からココん家にいるよね?」みたいな振る舞いで(笑)、、、さすがにお互い 四、五日は唸ったりシャーシャー吹いたりしていたが、今では(若干 にゃんちはまだ「ウザい~」と思っているようだが)こんなシンクロ風景も見られるようになった♪





フウガ君、元のご家庭では別の名前が付いていたが、我が家へお迎えするにあたり、新しく呼び名を付けさせてもらえることになった。

私にとっては18年ぶりくらいの猫の命名なので、それはそれは考えた。元々の名前からあまり離れては本猫が認識できなかろうと、オリジナルの発音を尊重した単語をアレコレ書き出し、、、

命名 フウガ !!

理由;
・いろいろな漢字を充てられる
(風雅 = 麗しい♪)
(楓牙 or 風河 = 忍者みたいでカッコいい!)
・Fuga と書けばガイジンさんにも伝わるし、自称音楽家の猫っぽい
・何より 仮面ライダー の名前みたいでカッコいい!!

とは言っても、ウチではもっぱら「ふーこ~」とか「ふうちゃん」とか、呼んでますが…(笑)。

ももこ が逝ってから、自分の残りの人生で毛皮の生き物は、もう にゃんち をチヤホヤするだけで良いかな、と思っていた。が、度々、保護団体などの里親募集の活動を見ていて、

 一昨年までずーっと猫3匹所帯だったし、
 まだ自分の体力も少し保ちそうだし、、
 もう1匹助けられたら、ちょっと幸せかも、、、

と思ってしまったワケで、、、つまり、ももこロスの寂しさから、だけではない、という感じで。。

にゃんち が自分より新入りが来ることを歓迎するかどうか、これが何より考えなくてはいけないことだったが、もうしばらく一人っ子が続くとそれに慣れてしまい、先々ではかえって無理になってしまう可能性大と思った。しかし、真っさらの子猫とはやはり難しいだろうから、「成猫で貰われ先を探しているコ」と、どこかで良い出会いがないかな、と考えていた。

そして何頭かの猫サンと“お見合い”させて頂いたところ、このコだけ私にかなりの勢いで擦り寄って来てくれて、その瞬間「選ばれた!」と感じてしまい(もちろん私が彼に)、我が家に迎えることにしたというわけである。

フウガ君、身体は小さいが、もの凄くゴハンを食べる。まるで中学生男子みたいな勢いだ(笑)。かつ甘え上手で、何か欲しいときは「ぴゃぁ~?」とか「ピュるるる~」とか、とんでもなく殺人的な可愛い声で鳴いてくる。しかもこの毛皮が、写真からは想像できないほどフワッフワで、手触り最高なうえに撫でられ好きときたものだから、そういう意味では、私はとてもヤバいコと出会ってしまったのかもしれない(苦笑)。

にゃんち とあと10年、フウガ とはあと15年、一緒に元気に暮らせたら、幸せだな~と思っている。
みなさん、フウガをよろしくお願いいたします♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック