ふわふわコゲ茶トラ&ラグドール王子と暮らす、フリー暦29年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
8月まとめ(ちょっとお疲れモード;)
2017年08月31日 (木) | 編集 |
先週24日(木)、無事に河口湖から帰宅させてもらい、猫たちの無事を確認後、留守の間の穴埋めをタップリご奉仕してから(爆)倒れるように爆睡。

翌25日(金)、10時には家を出て 12:30 にホールへ集合し、本番会場にてリハーサル(市の催しとはいえ、大ホールで練習させて頂けるという贅沢さと有難さを、コドモたちはどれくらい将来に気づくだろうかね〜♪)。
5時に自宅最寄り駅まで帰ってきたところでヘアカットに駆け込み、いつもお世話になっている美容師さんに「目にお疲れが出てますね〜」と慰められ、髪を切り終わったその足で近くの(お初の)マッサージサロンへ飛び込んで、とりあえず首・肩・腕・背中をほぐしてもらう。担当してくれたおニイさんが「こんなに凝って張った腕のかたは、滅多にいらっしゃいませんよぉ。お辛いんじゃないですかぁ。」とお世辞にもならないことを言う(爆)。

帰宅して泥のように眠り、翌日は午後1時くらいに家を出て現場へ向かう。

本番は、こちら♪(そう、この大ホールで、前日に練習させて頂いているのである。なんて恵まれた出演者たちなのだろう…)

image5_20170831234903aa4.jpg

本番の結果は、、、表彰があるものではないのでナントカ賞とかは付かないが、コドモたち、なかなか頑張りました!
合宿からホール練習、そして当日のリハーサル/チューニングまで、私が今夏、徹底してこだわったのは、

 楽譜を正しく演奏する(臨時記号を落とさない!)

ということ。「え、そんなレベル?」と失笑されてしまうかもしれないが、されど なのである(このハナシは長くなるので、またいずれ改めて〜)。

さて、この夏に大活躍だったのは、こちらの “自家製指揮棒”(小笑)



お菜箸の方が、譜面台の端で拍を打ったとき軽い力で良い音がするし、疲れて握力が無くなってきた時にはコルクの大きさが掌に引っかかり指揮棒を落とすこともない♪

本番の翌日 27日(日)は、夕方から仕事の予定だったが先方都合によりドタキャン(今回ばかりはラッキー!)。出かける身支度を脱ぎ捨てて、再びベッドに沈み込む。

28日(月)、フウガの首輪が合宿から帰ってきたらボロボロになっていた(にゃんち には首輪をつけていないが、フウガ は、うっかりするとどこに行ったか分からなくなるので、幅広のリボンに音の小さい鈴をつけてユルッと首に結んでおいた)ので、こんなものを縫製☆

image1_20170831234858398.jpg(ちゃんと鈴も装着♪)

かねがね、茶トラ系の毛並みには赤のバンダナが絶対に似合う、と思っていたので、長兄トト以来、理想の首輪が実現〜♪♪

ついでに親バカ写真を少々〜

image2_20170831234900d46.jpg

image3_20170831234900ec1.jpg

上の写真の、真ん中部分を拡大すると…

image4_201708312349015f8.jpg

なんか萌えるわ〜♪

萌える、といえば、こちら!

ヨコハマ恐竜展

今年こそは観に行こうと思って7月早々にチケットを購入しておいたのだがなかなか時間が取れず、、、火曜日、仕事前に意を決して?出かけて来た!

こんな素晴らしい全身骨格や頭部骨格はもちろん大好物だが、

image8.jpg

image6_20170901004047e1c.jpg

実は、こういう部分に萌えまくったりする〜

image7.jpg

イイなぁ、化石の関節・・・

そして、こちらもなかなかイイ感じの復元展示恐竜↓

image5-1.jpg

若干「いかがなモノか」と思いつつも、せっかくなので写真スポットもエンジョイしてみる(笑)

image9.jpg

(ここでは係員のオネエさんが、入場客の手持ちのカメラでも撮影してくれる☆)

ほかにも、萌えまくって撮りまくった写真がまだまだあるので、それらも近いうちに改めて!

まだまだ疲れが抜け切らず、さらにちょっと医者にかからないとヤバそうな案件があったりで、とりとめのない更新になっているが、自分のための備忘録というコトでご容赦を・・・

ついでにもう一ネタ;合宿でウチの子供たちと音出しした、自家製の編曲モノ

fullsizeoutput_528.jpeg

ユーフォニアム6重奏で、全パートに一人ひとりの子供の名前を入れてある♪ 年長クンのリクエストにより作成。本番は12月だが、今年はお面を作ったり、毛皮を着なくても済みそうだぃ(笑)

過去の模様♪ 2016年 2015年


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック