ふわふわコゲ茶トラ&ラグドール王子と暮らす、フリー暦29年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
今日はこちらで~
2017年11月12日 (日) | 編集 |
OBブラスと、同日その夜に企画した同窓会の幹事業務に追われて、すっかりブログをサボってしまった(でも Facebook の方は、情報公開?の必要もあり、こまめにアップしておりました〜)。

今日は、ここ数年参加させて頂いているこちらのコンサートで、中学生さん達に交じって吹奏楽演奏を満喫♪

IMG_2970.jpg

合同演奏の前の、南相馬の皆さんの『ラッキードラゴン』に、泣きそうになった、、、「悲惨な事実」の部分ではなく、後半の「希望」の場面に、だ。

IMG_2971.jpg

今朝、別バンドの指導を少し早退させてもらってこちらのリハーサルに合流したのだが、そこの生徒達が小学4年から中学3年、、、かの震災の時、4歳から小学2年くらいだった子たちである。

「センセイ、今日はちょっと早引けさせてもらうんだけどね、、、」と、この午後のコンサートの話をした。

「震災の前と後を比べる記憶は、皆にはもしかしたら、実感として薄いかもしれないよね? 物ごごろついた時には、もう『震災がありました』というお話になっていたかもしれない、、、でも、だからと言って『知らな〜い』じゃなくて、ちゃんと知って、ずっとず〜っと忘れない、ってことが大切なんだよ。そして、今日、こうしていつもの練習場所で、楽器庫にはいつも通り楽器があり、譜面台も楽譜もあって、当然のように12月の定演の話をして、当たり前のように定演に向けた練習ができるという、このことを心から大事にしようね。。」

そんなことを、話した。ふわっとした言葉しか使えなかったが、「忘れない」ということだけでも伝われば、と思った。次のレッスンの際には「『かわいそう』じゃないんだよ、未来を考えることなんだよ」と話してあげられればと思う。

夜、自宅に帰ってきて、少しパソコン仕事をして、TV地上波の『シン・ゴジラ』を観る。

IMG_2972.jpg

ここでも、なぜか、やたらと泣けてきた。。


しかし・・・

養母がどんなにウルウルしていようが、関係ないのがコイツだ(註・実は にゃんち は、ちょっと私の感情を酌んでくれるようなところがあり、、、私がメソメソしていたりすると、そ〜っと寄り添ってくれてたりする、、、フウガ は、まだお子ちゃまなんだナ〜)。

廊下の方でカサカサガサガサ音がしていたのは分かっていたのだが、何かオモチャで遊んでいるんだろうと思ってたら、、、

ヤラレタ!

IMG_2964.jpg (中身は無事だったが…)

そして、この顔(苦笑)

DSCF6110.jpg

フウガ君、今日ね、久しぶりにお会いした(いつも Facebook で見てくださっている)演奏家の方に「フウガ君、イイですね♪」って褒めてもらったばかりなのよ。だのになぜ・・・まぁ、仕方ないか、今日は早朝からほったらかしだったからね、、、さて、フウガとがっつり遊んでやるとするか、、、このフワフワの生き物と今夜も過ごせる幸せを感謝しつつ。。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック