ふわふわコゲ茶トラ&ラグドール王子と暮らす、フリー暦29年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
これも或る意味で自分との戦いかも・・・
2018年01月11日 (木) | 編集 |
正月の帰省から戻ってきて5日から8日まで働き、9日から今日までの3日間は(自治会の用向きなどはあったものの)ほぼ自宅にこもって、来たるカクテーに備えかつ断捨離の“予洗い”のため、部屋中に散乱した様々な紙モノの整理に奮闘している。

「腐らないからイイや」というつもりでもなかったのだが、けっこう溜め込んでしまって、かなりの苦行になっている。

パッと見て明らかに不要な書類は、名前や住所の部分をスタンプで塗り潰したり細かく裁断したりしてザクザク捨てていけば良いのだが、過去に自分の書いたもの・・・楽譜や教材や原稿や手紙のドラフトなどなど・・・が、結構、ツライ。。何というか、過去の自分と向き合って、明らかに今の自分の方が進化していれば痛くも痒くもないのだろうが、そう割り切れない/思い込めない案件や、「コノコロハ良カッタナ…」的なもの、、、または逆に「今の方が絶対的に“当時の自分”より努力も重ね発展しているが故に、過去の自分がやたらと恥ずかしく思える」的な書類を発見したりすると、心がざわついて仕方がない。それに向き合う決心がなかなかつかなかったから、今の惨状があるとも言える。。

紙モノの整理を怠り始めたのは、あもん の具合が悪くなってからだ。単純に、人を家に呼ばなくなった(ウ○チをいつ漏らすか分からない状況では、とてもお茶やゴハンを振る舞う余裕は無く〜)結果、私の生活に支障の及ばない範囲で紙モノが、段ボール箱に仕分けされつつ、累積していった。

あもん を看取った後、ももこ の介護?が始まり、人を家に招く気持ちになれない日が続いた。

しかし、去年の春 ももこ は大往生したし、フウガ も来たし、甥っ子パート1もこの春には高校生になる予定だし、もうそろそろ「人を呼べる家」にしたいなと思い、『断捨離』という戦いのリングに上がろうと決心した次第(大げさ?)。2月中旬くらいまでに断捨離を敢行し、今年は3月に入る前にカクテーをやっつけて、キレイな身体で4月を迎えたいものである。。(汗)


さて、悶々と、黙々と、孤独な作業をしていると、邪魔してくるのは定番?のコイツ。

fullsizeoutput_a2a.jpeg

書類をチェックし、分別して、捨てて…という作業中、膝の上で寝始めるワケだが、、、

fullsizeoutput_a26.jpeg

fullsizeoutput_a29.jpeg

脚が痺れるんだよぉぉ〜〜〜っ(泣)。

にゃんち君は、そこはさすが私と付き合いが長いだけあって、無駄な邪魔はしない。逆にこっちが息抜きで「ちょっとイジってやるか」と様子を見に行くと…

fullsizeoutput_a2b.jpeg 布団の間から手を発見(笑)

fullsizeoutput_a27.jpeg 上手に潜ってお昼寝中♪

この二匹、最近は朝、こんなコトになっている(黄色い線は私の両脚があるところ)。



幸せっちゃぁ幸せだが、、、今に始まった事ではないが、寝返りが打てませんっ!

話は変わるが、昨日、ちょっと頭が膿んできたので、1本だけ映画を観に行ってきた☆

fullsizeoutput_a24.jpeg

# 実はケネス・ブラナー好き
# 子供の頃に観た1974年版の豪華さが忘れられない
#『オリエント急行』の走行シーンを観たい
# ジョニー・デップの極悪人っぷりを観たい
# そもそも原作のファン

映画(演奏会も)の感想などは軽々に公言しない主義?なので、ここでアレコレは書かないが、「観に行って良かった〜♪満足、満足ー☆」だったことは間違いナシ。

原作が好きだから数年前の日本版TVドラマも観たし、それはそれで面白かったけれど、やはり、アメリカ人・イギリス人・フランス人・ドイツ人といった「多国籍の人々が乗り合わせていた/いろいろな言葉が飛び交う」ところで場面が展開していくのが、得心して楽しめて、良い♪

ところで映画本編の事とはちょっと脱線するが、、、BGM(の伴奏形)が「ツツ・タタ・ツツ・タタ・・・」になってたのは、「やっぱり『オリエント急行』ってぇと、こういうスコアを書きたくなるんだねー」と思ったりして〜(同名の某音楽作品では、伴奏形は「ツクツク・タカタカ・ツクツク・タカタカ・・・」と倍の符割りだったけどね〜♪)。

さて、明日からも頑張ろう! 頑張って、今月は映画をあと3本、観に行こう!!(あれ?)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック