黒猫姐さん&ラグドール王子と暮らす、フリー暦28年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
京都で見たモノ☆京都御所編★その2
2007年04月29日 (日) | 編集 |
今月の6日14日に書いたとおり、京都御所を見学してきたのだが、その一番の目的は『蛤御門』を見ることだった。

もっとも、蛤御門は京都御苑の方にあるので、それだけだったら1年中いつでも見られるのだが、まぁ、ちょうどついでだったし、『建礼門』を内側から見るのは普段できることではないので、それも目的の一つにして出掛けたわけだ。


 かつて天子様がおわしたお部屋(本物の御簾は厳かなり~)

RIMG0563.jpg
 

 世が世なら、止ん事無き高貴な方々しか見られなかった桜吹雪

RIMG0566.jpg
 

 これが建礼門

RIMG0558.jpg200704292358178



さて、私が見たかった蛤御門だが、、、

20070429235817200704292358172RIMG0569.jpg


200704292358174 かつての激戦の舞台も、いまはタクシー乗り場・・・







それでも、この門が見下ろしていたであろう硝煙や砂埃や血飛沫の舞い上がる光景に思いを馳せながら、ふと遠景に目をやると、そこには、、、

RIMG0570.jpg

山肌に大きな“大”の字がー!

後で広域地図を確認すると、御所の真東、約4.5kmほどのところに大文字山は位置している。そして、現在もなお、その眺めを遮るようなビルやマンションがそこには建てられていない、ということだ。なんだか、スゴいな、と思った。

RIMG0567.jpg

幕府軍や長州の兵士たちも、この景色を見たのであろうか、、、いや、それどころじゃなかったろうな、やっぱり。。。

PS
昨日書いたちりめん細工のお店のHP、見つけました!
嵐山ちりめん細工館 錦店 お近くへお越しの際はぜひ~♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
京都御所京都御所(きょうとごしょ)は、京都府京都市上京区にある御所。もともと平安京での正式な皇居は平安京の中央部付近に位置する内裏であったが、戦乱などによって荒廃したために里内裏に移った。土御門東洞院内裏は、この里内裏の一つで、のちに北朝と呼ばれることに
2007/07/29(日) 13:02:20 | 京都探索どっとこむ