黒猫姐さん&ラグドール王子と暮らす、フリー暦28年目のEuphonium人が綴る“よもやま話”です。先代猫の思い出や、自分の好きなモノへの想いなど、つれづれに、ユルユルと展開していきます☆
お見送り完了!
2017年06月18日 (日) | 編集 |
マエストロ機、無事に離陸していきました♪
(真横から撮りそこねて、機体お尻からのショットになってしまいましたが~)






今回ご一緒させて頂いている間に印象的だったのは、マエストロが何度も、

「もうそこそこ長いこと作曲家をしてきたつもりだが、吹奏楽は、楽器の重ね方次第でいくらでも、次々に新しい色彩が生まれてくる、もっともっとカラフルにできる!」

と口にしていたことだ。しかしそこで、一応プレイヤーの端くれとしては「するってぇと、こちとらますます真っ黒けの、音符だらけ休符ナシの楽譜と対峙しなきゃぁなんねぇってこってすな?」なんて突っ込んでみるのだが、それについては、あんまり罪の意識?はお持ちでないようで、、、(目の前でポリポリとキュウリを食べてる私に「そんなモン食ってないで肉を食ってパワーを養えばイイんだ」と仰せになったり…爆)。

ただ(今回だけではなく、これまでも常にいろいろな団体で)マエストロがリハーサルの度に繰り返すのが「fが大き過ぎる」ということなのは、これは確かだ。ってことは、ボリューム満点の曲でもふつうに通せるように、ヤリ過ぎることなく音楽作りをすればいいんだよ、という事が言いたいのか、、、イヤイヤ、まぁ仰ることはごもっともかもしれませんが、それでも、ねぇ、、、目の前にモリモリな音符があれば、やっぱ盛り上がりたくなっちゃうし、物理的に難しいものは難しいワケだし~。。

しかし、そこに難しい楽譜があって、それがとても良い曲で、それを演奏したい/演奏しなければならない、という状況になったら、とりあえず誰でもいっぱい練習するだろう(ツマラナイ曲を練習する気には、誰だってならないもんね)。練習すること/楽曲に対してしっかり準備すること は、これは間違いなく、最大に尊いことである。そういう意味では、マエストロのような作曲家が、現代の管楽器奏者の水準を上げていくことに、世界的にもとても貢献しているのかもしれない、なんて思ったり。。。

とまぁ、私見はともかく、あぁ、このボードの、どの便でもいいから、このまま乗ってどっか行きたい~(苦笑)。

2017061820562763c.jpg



(付記;空港も空いていて、人混みのお嫌いなマエストロには、ゴキゲンで搭乗手続きをされていました♪)

あとは10時間後くらいに「無事に帰宅したぞ~」メールを頂くのを待つだけ。とりあえず、明日は一日 ぐうたら しますー!(2ヶ月ぶりの休みにつき・・・)


回し者ではありませんが、、、
2017年06月15日 (木) | 編集 |


ただいまの現場、、、

某VIPの、マネジャーのようなお仕事をさせて頂いています♪

VIP からも 雇い主からも「オマエも advertise に努めろ」と言われたわけでは全く無いが、リハーサルに2日間立ち会って、思うことあり~~~

もし今、

「行こうかなぁ、どうしようかなぁ」

とか、

「土曜日の午後、ちょっと時間が空いてるんだけどなぁ」

とか、

「そのうちCDになるんでしょー」(← 悪い子の例)

とか思っている方がいらっしゃれば、キッパリと、聴きに来た方が良いですよ!と言いたい。

VIP の言う『吹奏楽の色彩は、何年やっても後から後から新しい組み合わせが湧いてきて、とどまることが無い!』ということが、ライブで体感できると思う(特に The Year of The Dragon 2017 !!)

目撃者になる、という言い方をしても許されるような気がしている、、、迷っている方はぜひ! 文京シビックへGO!!





Tiny but Enormous Honor
2017年06月12日 (月) | 編集 |
本日、一つの現場が終了した。

私のキャリアで初の、ウィークデー全部出校!(ただし放課後のお時間のみ)

ひとつのバンドのご指導ではなく、小中高一貫校の中にあるいくつかのバンドを日替わりでみる、というお仕事。

そこそこの距離だったが、ちゃんと通い切れた!!(当たり前だ…)

なかには、これも人生初の「ギター弾きたいッ子の面倒をみる」という曜日もあり、その為にギターを家でさらうという、このお仕事を頂かなければ絶対にしなかったであろう経験もした。実に濃い 11週間 だった。。

どのバンドも独自の編成だったため既製品の楽譜が使えず、また個々の生徒に必要な物事にもだいぶ差があり、この2ヶ月、何度夜なべをして楽譜やら教材やらを作ったことか、、、

前任者が管楽器のことをほとんどご存知なかったとのことで、いろいろ「まじか〜(滝汗・号泣)」という局面もあった。
時には、楽器の扱い方の悪い生徒を厳しく叱ったこともあった。

でも、「基本的な奏法や必要最低限の楽譜のルールを知って、ちゃんと考えて、良く音を聞いて練習して、少しでもがんばれば上手になる」「上手になったら楽しいし、嬉しいし、面白い」「音が合うと、音が決まると、なんだか気持ちイイ」と生徒たちに気づいて欲しい一念で、私もかなり頑張ったつもりである。

ちゃんと一回々々、少しずつではあるが上達していく生徒たちを見ていて、「やっぱり、良い導きの下での練習って、大事なんだよ、うん!」と改めて思ったり(自分で「良い指導」って言っちゃってる…苦笑)。

先週末と今日、ふた組に分けて学校内でミニコンサートを企画し、親御さんやクラスメイトの前で演奏を披露(つまり本番を経験)して、またちょっと成長した彼らを眺めながら、少し…いや、だいぶ…後ろ髪を引かれる思いで生徒たちに「Thank you and see you again someday !」と告げた。

すると、、、

IMG_1974.jpg

もらっちゃいました、寄せ書き色紙っ。

IMG_1972.jpg

本当に、ほんとう〜〜〜〜ッに想定外!!

もう、泣いてしまうでないの。。。

I will never forget you, all students I taught in these weeks !!

いろいろ湧き出てくる想いは止めがたいけれど、明日からは“某VIPの為に働く週間”である。まずは明朝、成田空港へGOだ。モードを切り替えなくちゃ!

明日、VIPをお宿へお連れするまで雨に降られないよう、祈りつつ〜。

19歳と10か月16日でした
2017年06月03日 (土) | 編集 |
先週の金曜日、5月26日の未明、ももこ が亡くなった。

前日、25日木曜日の深夜(日付は26日)、指導先の資料作りをしていた私は2時くらいに就寝した。寝る前に ももこ の姿を探すと、ダイニングテーブルの下に、いつも通り横になっていた。1時くらいに「おかあちゃん、そろそろ寝るよ~。もっちゃんは? 何か食べる?」と話し掛けるとボソボソ返事をしていたし、寝る前にもう一回見ると胸もちゃんと動いていたから、あ~息してるな、大丈夫だな、って思って眠った。

6日間遡る19日の金曜日、そろそろ薬も無くなるのでと検診に連れて行ったところ、膿瘍の状態も良く、むしろ収束しかかっていて、ドクターにとっても褒めて頂いていた。「毛ヅヤも良いし、四肢にも力が入るし、膿も増えていないし、このまま維持していきましょう♪ 何よりゴハンをしっかり食べているのが、素晴らしいことですよ」と大絶賛だったのだ。

しかし、その二日後の日曜日、突然に薬を混ぜたゴハンを食べなくなってしまった。「不味いってスネてるのかな?」と思い、大好きなプリンを出してやったが、ひと舐めしただけで、これも食べない。ただ、お水はちゃんと飲んでいるし、おトイレもしっかり大小をしているので、こういう時もあるかと思って、この日は撫でたり声を掛けてやるだけに留めていた。

翌日、カツオとプリンを出してやったが、やはり食べない。薬を混ぜずに試しても、口を付けない。カリカリは食べているようだが、夜、かなり派手に吐いた。

火曜日、アジの白焼きをほぐしてやってみると、これはウニャウニャ言いながら食べた(それでも量はかなり少なめ)。仕事前に出していった缶ゴハンは、全く食べた形跡が無かった。そして夜中、 またかなり吐いてしまう。

水曜日、18歳以上用の柔らかいキャットフードを出してみると、自分からちゃんと口を付けるものの、余りお気に召さない様子。マヨネーズを鼻の前に出してやると、これは嬉しそうに三くちほど舐めていたが、それ以上進まず、当然、固形物には目もくれない(つい先週まで、にゃんちのゴハンまで横取りしていたのに)。

木曜日、さらに流動食状の、トロトロのマグロ・ポタージュのようなゴハンを出してみる。やはり自分からちょっと食べてくれるが、ティースプーンに2杯くらいの量も完食しない。マヨネーズは、また嬉しそうにちょっと舐める。トイレは、変わらず大小きちんと出ているし、私の横をすり抜ける時も、ひょいっと脚を跨いで行ったりするので「明日はまた別のゴハンを出してみようかな」なんて思っていた、、、

実は私が、20日の土曜日からずっと風邪っぴきで、微熱・咳・喉腫れが治らず、それでもいろいろ作らなければいけない楽譜やら資料やらがあり夜更かし必至なものだから、26日の金曜日は、仕事に出掛けるギリギリまで寝ていようと思っていた。昼前、11時頃に起きて、まず「ももこ はどこで寝てるかな?」と台所に行くと、前夜と同じところに横たわっっている。

全くいつも通りの寝姿だったが、何か違和感があり、まさか息をしていないかも?と手を握ったら、もう冷たく固くなっていた。。

死後硬直は2〜3時間らしいから、明け方に逝ったのか、、、朝まで資料作りをしてたら温かいうちに気付いてやれたかな、と思うと、もう、ごめんね、という言葉しか出てこなかった。

出掛ける前に、涙を垂れ流しながら段ボールを切ったり折ったりして箱を作り、コンビニへ走って大量に氷を買い、そこへ ももこを安置してから、 病院へ電話して事情を話し、火葬業者さんを紹介してもらって荼毘の予約を入れる。だいぶ暑くなってきたので、とにかく綺麗なまま、送ってやりたかった。

そう、本当に綺麗なまま旅立っていって、、、ドクターは患畜さんがいて手を離せず、看護師さんが対応してくれたのだが、お悔やみのあと開口一番「床は汚れていませんか?」と聞いてきた。しかし、口からもお下からも汚物の何も出さず、まだまるで眠っているようです、と告げると、本当に驚いた様子で「ももこちゃん、本当に偉かったんですね。」と、、、

moblog_7522eb72.jpg

でも、こんな立派な大往生をしてくれなくても良かったから、もう少し一緒に暮らしたかったよ。あと1ヶ月ちょっとで20歳のお祝いだったのに、、、

固いモノが食べられなくなっちゃったから、もういいっちゃ、とでも思ったのかい?

こんなにも同居人の手を煩わさず、面倒かけず、立派に往生されちゃったら、ニンゲンとしては、参っちゃうよ。。

本当は、例えば夜、テレビなんか見てて、ふと横を見たら「あれ?ももこが息をしてない!」って気付いて、だんだん冷たくなっていくのをずーっと撫でててあげる、というのが理想だったんだけど、、、ねぇ、もっちゃん。。

27日土曜日の午前、炉の煙突からは煙は見えなかったが、ユラユラと熱風が立ち昇っていく様子はよく分かった。あぁ、空へ昇っていってるなぁ、と思った。あもんを見送った日は激しい雨降りだったが、ももこは、これでもかというくらい晴れ晴れとした良いお天気で、もう、どこまで面倒かけないつもりなんだよ、どこまで良い子なんだよ、とそればかりが頭の中を巡り巡る。

moblog_05a3c436.jpg

初七日を過ぎても、寂しいものは寂しい。幸い仕事が立て込んでいて家でボーッとしている時間が無いのが、皮肉にも救いになっているが、仕事帰りにスーパーへ寄るのが辛い。正確には、肉と魚売り場の前を通るのが辛い。でも、仕方ないね。。

お骨は、家に置いておくことにする(仙台の妹のために分骨は済ませた)。そのうちワタシの墓も決まろうし、いつかそのとき一緒にね、と願いつつ。。

moblog_74624760.jpg


可愛かったり憎らしかったり(苦笑)
2017年05月22日 (月) | 編集 |
久々の投稿は、にゃんち坊ちゃんのネタから~

数日前、夜なべPC仕事をしていて、ふと気付くと にゃんち の姿が見当たらない。
息抜きついでに、ちょいとチョッカイ出してやろうと探しに行くと、私のベッドの上で何かモゾモゾしている。

170509_2200~01

私の洗濯物をモミモミしてました~♪

以下(本来なら動画でお見せしたいところ)、ただただ親バカ連写っす。

170509_2200~03

170509_2200~04

170509_2201~01

170509_2201~02





しかぁーし! この話にはトンでもないエピローグが…

深夜やっと楽譜やらテキストやらの打ち込みとレイアウトが終わり、やれやれ~と布団に入ったら、掛け布団のどこかからカサカサいう音がする。何かが当たる感触もあり、照明を点けて、足元のデカ猫の迷惑そうな顔をよそに探すこと30秒ほど、、、

?? なんじゃコリャ!?

台所の【お母ちゃんのお菓子入れ】に取っておいた、マドレーヌじゃないかぁー!



コレ、気付かなかった暁には青カビまみれで発掘されるヤツだ(爆)。

このまま冷蔵庫に放り込んで、翌朝、美味しく頂きました☆


さて、日は変わって、次は帰宅が遅くなった夜の話、、、

寝室の照明のスイッチを押したとたん目に入ってきたのは、点々と散るゲロリン(もうボカシも入れず載せちゃいますっ・涙)。




・・・ん~、毛玉だな。。

もちろん、この分量と混入した毛の色から、犯人猫は にゃんち と断定。

さぁ、何が起きたか推理しよう~。

画面左の、布団の上に置いた私のパジャマズボンにビッシリ毛が付いていたので、まず、ホシはここで寝ていたのだろう。

そしたら何かモヨおしてしまい、一発、オエッと…

ホシなりにヤバいと思って、ベッドを飛び降りたところでもう一発(画面右中)。

それでも収まらず、最後に場所をずらして一発(画面上側・ゴミ入れ脇)。

ってところだろうな!

まぁ、長毛猫と暮らしていたらゲロリンは“日常”なので、それを叱るつもりなど毛頭無い。が、できればベッドの上では勘弁して頂きたいな、と思うワケで、、、


でもなぁ、、、朝起きて、目の前にこんな光景を見ちゃったら、全~~部ひっくるめてドーでも良くなってしまうんだけどねー(甘いなぁ、アタシ・苦笑)。




ユニゾン記念日♪~θ(^0^ )
2017年05月08日 (月) | 編集 |
GWも明け、いまや日本の吹奏楽業界は、コンクールに向けて夫々着々と進んでいるところ…

私が4月から伺っている所は、ソレには遥かに程遠い現場なり♪


 ・まず椅子にちゃんと座ろう!

 ・良い姿勢で楽器を構えよう!

 ・正しい指遣いで正しい音を出すことを知ろう!

 ・自分の音が間違ってないか良く聞こう!

 ・楽器をぶつけないように気をつけよう!


といった基本基礎を、簡単な曲を教材にしながら、繰り返し繰り返し、繰り返し繰り返し、繰り返し繰り返し(以下略)、指導している。

そして今日、、、

「ハイ、じゃあ基礎合奏の1番、やるよ~。まず最初の音をロングトーンしましょう! サン、ハイ!」

(自作の超カンタンな基礎合奏教材)

じゃ~ン♪

…は、初めて、F以外の音が混ざらず、ユニゾンが合いましたーーーッ!!!!!

「スゴいね~、先生来てから初めて、一回でみんな同じ音が出たね~!!」

とほめちぎると、子ども達も、口々に、

「はじめてできた~」
「はじめて、ハジメてぇ〜!」
「いままで合ったことなかったもんね~」
「合った、あった~♪」

と☆

まぁ、そんなレベルのバンドなので、三分の一くらいの子はまだボーっとしているし、合ったとは言ってもFが当たったというだけで、音程なんか、そりゃあもう horrible な事このうえないのだが、でも、これは、間違いなく大きな進歩でしょ、ウン!

  一発で Fの音が合ったから
  今日はひそかに ユニゾン記念日
(字余り)

これまでも、ちょっとずつ良いことはあるにはあったが(定規の例えで正しい音の長さを知ってくれたり、臨時記号に気付いてくれたり、休符を数えることに気を付けるようになってくれたり…)、6週目にしてやっとユニゾンが合ったことが、こんなにも嬉しいとはっ(笑)。

あと4週でなんとか、ハーモニーの喜びまで持っていきたいものだ。がんばるべぇ~!

閑話休題、このところ ももこネタばかりだったので、今夜は にゃんち坊に登場してもらおう♪

過日、仕事先で若い仲間から頂いた紅茶の箱に、にゃんち坊ソックリの猫の絵が~☆(ご本人、ウチの猫がどんな顔なのか知らなかったそうな…素敵な偶然!)



その箱とツーショット撮ろうとしたのだが、非協力なデカ猫くん…



辛うじて、この角度が一番似てる?



せっかくなので、ももこ姐さんも、チョコレートのパッケージと一緒に♪



(このチョコレートも、先日、お友達からお土産にと貰ったもの☆ 私の方が貴重な機会を頂いたというのに、恐縮でした~☆ Kちゃん、美味しかったですぅぅ、ありがとうー☆)
楽器を洗いました♪(それだけ〜)
2017年05月05日 (金) | 編集 |
指導先で楽器のお手入れについて解説をしていて、「金管楽器は丸洗いできるんですよ」とか「浴槽とかに浸けて洗えると内部まできれいになるんですが…」という話になったとき、その具体的な写真データが手元に無いことに気が付いた。

むかし撮ったアナログ写真は出てきたが、それをスキャンするのもなぁ・・・じゃあ、天気も良いし、新しく撮るかぁ〜!と、自分の楽器を丸洗い♪

分解して2台浸け込んだところで、



「いやいや、コレは良い教材にはならんぞ」と思い直し、1台引き上げて撮り直し〜(苦笑)。



お風呂に漬け込むとき忘れちゃいけないのは、風呂釜へ続く穴をきちんと塞ぐこと!

 タオルにラップを被せて輪ゴムで止めてます

2穴タイプの場合は、タオルを棒状に巻いてビニール袋で包んだのを突っ込んでおくと良いでしょう♪

 こんな感じ?

ご家族の理解と協力は、いつでも大事です!中高生の(特に男子の)皆さん、お忘れなく!!

ここから先は、別に特段の記録ではないが、まぁ、せっかくなので〜





左が1985年に買ったソヴェリン(二つ名;ショーン)、右が2003年購入のヤマハ 842(同;キーファー)。



ここで「あぁ、やっちまったー!」と気付く…

キーファーは、浸け込む前にココをビニールテープとかで塞いでやんないと、後々面倒なんだった〜っ;;



斜めにしたり、振ったり、細い不織布をこよりにして突っ込んだりして、中の水分を抜く・・・やれやれ。。

そんなこんなで、きれいに磨いて組み立て終わった、私の相棒たち♪



それぞれの二つ名の由来は、、、某映画俳優さん達から頂いております(笑)。

さて、楽器がきれいになるのは良いのだが、風呂掃除がね〜、、、腰にくるんだよなー(爆)。
ちなみに私は、台所用洗剤をしっかり泡立てて洗うようにしている。普通の風呂用洗剤でも良いのかもしれないが、皮脂汚れとは違うよな、と思って。。もちろん、最後は良〜く水で洗い流すのが必須!

あ、使っている楽器に二つ名を付けているからって、それらを擬人化して喜ぶ趣味はありません、ご安心を(?)